Inkscapeは無料で使えるドローソフトとして便利なのですが、Mac版の「Inkscape」では文字入力で日本語が入力できません。

「Windows版では普通に日本語入力ができるのに、なぜ?!」

と不満を言っていても始まらないので、どうすればMac版でも日本語入力ができるようになるのかを調べてみました。

Inkscapeで日本語を入力する方法は2つある

Mac版のInkscapeでは、メニューの日本語化は設定の変更だけで簡単にできるのですが、日本語入力をするためにはちょっと面倒な作業が必要になってきます。

Inkscapeで日本語入力をする方法は3つあります。

  • テキストエディタなど別のアプリからコピー&ペーストする
  • InkscapeはX11を使っているのでX11で日本語入力できるようにする
  • ターミナルからbrewでInkscapeをインストールする
  • 仮想PCを使ってwindows版Inkscapeを動かす
  • Inkscapeの代替ソフトを使う

テキストエディタなど別のアプリからコピー&ペーストする

これはタイトル通りなんですが、inkscapeのテキストツールで枠を作っておき、テキストを入力できるテキストエディタなどのアプリを起動します。

そして、テキストエディタでinkscapeで表示したい日本語を入力して選択コピー(command+C)します。

文字をコピーした後にinkscapeでテキストツールを選択してペーストすると日本語が表示されます。

これで、inkscapeで日本語を扱うことができます。

X11で日本語入力できるようにする

X11に日本語入力ソフトのインストールする方法ですが、これはかなり難しいのでわたしはオススメできません。
わたしもやろうとしましたが難しすぎてやる気が失せました。

ターミナルからbrewでInkscapeをインストールする

わたしがMacで使っているinkscapeは公式サイトからダウンロードしたdmgファイルをインストールしています。

しかし、inkscapeのインストールする方法が別にもあって、ターミナルからBrewでインストールすると日本語が使えるようです。

わたしも試してみようかとを思ったのですが、「brewって何?」というところから調べていって、やっぱりインストールまでの手順が複雑なので諦めました。

仮想PCを使ってwindows版Inkscapeを動かす

MacでWindowsソフトを動かす仮想PCを使って、windows版のInkscapeをインストールする方法です。

Bootcampやパラレルデスクトップなどの有料ソフトを使う方法ですが、windowsのOSを購入しないといけないのでInkscapeを動かすためだけにwindowsのOSを購入するのも馬鹿らしいですね。

Macでwindowsソフトを動かせる無料ソフトの中には、「win.app」や「easywine」といったものがあります。

しかし、これらを試して、Inkscapeのインストールまではできましたが、実行しようとするとエラーが出て動かせませんでした。

Inkscapeの代替ソフトを使う

Inkscapeにこだわらないのであれば、「DrawBerry」というフリーソフトを使うと日本語入力ができます。

メニューは英語ですが「inkscape」と同じようなインターフェースなので「inkscape」に慣れている人には使いやすいかもしれません。

まとめ

Mac版Inkscapeで日本語入力をする一番簡単な方法はコピペです。

他にもいろいろやり方はあるのですが、正直、そこまで手間をかけてやらなくても良いのでは?と思っちゃいます。

どうしてもInkscapeで日本語を使いたいなら、Windows版を使うのが一番ラクですね。