あなたが、イラストの仕事をしたことがなく、趣味でイラストを描いている、独学で学んでいるだけだと、絵の専門的な勉強、イラストレーターの専門学校や美術系の大学に行った方が良いと思うかもしれません。

確かに、学校へいけば絵を描いたことのない初心者にも丁寧にデッサンから教えてくれて、イラストを描く専門知識も偏りなく身につきます。なにより、同じイラストレーターになりたいという仲間ができるのは心強いです。

もし、あなたが中学生でこれからの進路としてデザイン系の学校を考えているなら、選択肢の一つとして高校を卒業してからの進路として考えるのは悪くはないと思います。

しかし、社会人が学校やスクールに通うのは時間とお金に余裕があるなら良いですが、イラストレーターになりたいというだけなら、わざわざ学校へ入学して学ぶ必要はありません。

なぜなら、イラストレーターとして仕事をするのに資格や免許は必要ないからです。

極端な話として、昨日まで絵を描いたことがない人でも「イラストレーターとして仕事をします!」といえば、どんなに絵が下手でもイラストレーターとして仕事ができます。当然イラストレーターとして名乗っただけでは仕事は来ませんが、イラストレーターの肩書きなんて、自分が名乗るかどうかだけなんです。

なので、学校で絵の勉強をしなくても独学でイラストレーターになることはできます。社会人として昼間は仕事をしながら、副業としてイラストレーターの仕事をしている人も結構います。

正直、学校で教えてくれることは独学でも市販の本を買ったり、ネットで検索すれば無料で学べます。もちろん、先生からの直接指導がないので習得するのに時間がかかるかもしれませんが、動画で学べる講座もあるので独学で身につけることも十分に可能です。

さらにいうと、学校へ行って誰もが「スゴイ!うまい!」というようなイラストが描けるようになっても、イラストレーターとしての仕事が来ないなんてこともあります。逆に、学校へ通わなくても、集客や営業がうまくて絵はそんなにうまくないけどイラストの仕事に困らないということもあります。

結局は、イラストレーターとして仕事をするのに、絵の上手い下手はあまり関係なく、仕事をとる技術があるかないかが重要だということです。