Gimpで「消しゴム」ツールで消したところを
透明にする方法がわかりづらいのでやり方を紹介します。
この方法を知っていると写真の人物を残して
背景を削除したり、写真を合成するときに
とても役に立ちます。
普通にGimpの「消しゴム」ツールを選択して
画像の背景を消そうとするとこんな風に白く塗りつぶされて
しまいます。

左の赤い「消しゴム」ツールを選択して
消すと

白く塗りつぶされます。
これは「背景色」が「白」になっているためで
「消しゴム」ツールは「背景色」で塗りつぶすように
なっているからです。

黒い四角は「描画色」で、後ろにある白い四角が「背景色」
「消しゴム」のツールオプションで
消したところを透明にできるのかと
探してみてもどこにもそんな設定はありません。

「不透明度」っていうのがありますが
これを「0」にしてもブラシの不透明度を
「0」にした時と同じでなにも変わりません。
なので、Gimpの場合「消しゴム」を透明にするには
以下の手順をする必要があります。
メニューバーから
「レイヤー」→「透明部分」→「アルファチャンネルの追加」
を選択します。

「アルファチャンネル」は透明度を指定するもので
これを追加してから「消しゴム」ツールで消すと
このように消したところが透明になります。

これでGimpの「消しゴム」ツールで
画像を透明にすることができるようになりました。