スマホの無料マンガ「マンガワン」で「モブサイコ100」という漫画を読んでいたのですが、最新話まで読んでしまったので他の漫画でも読んでみようかと思い、「市場クロガネは稼ぎたい」という漫画を読み始めました。

あまり期待せずに読み始めたのですが、これがけっこう面白かったので紹介します。

就職や転職、起業など仕事で悩んだ時に読んでほしい漫画

「市場クロガネは稼ぎたい」の主人公はタイトルでもわかると思いますが、市場クロガネです。15歳です。財閥の御曹司で自分の力でお金を稼いでいない現状に苦悩して、すべて自分自身の力でお金を稼ぐことが義務づけられている「私立学円園学園」へ入学するところから始まります。

市場クロガネは学円園学園に入学してすぐに校則違反をしてしまい、一億学円の罰金を背負わされます。学円とは学円園学園内だけで使える通貨で、1学円=1円だと考えて良いです。一億学円を返済するために今後の3年間の学園生活で毎月300万学円を返済しなければ退学となってしまいます。

まあ、普通に考えたら毎月300万円なんて無理ですよね。何の取り柄もない主人公がここからどうやって借金を返済していくのかと思って読んでいましたが、この主人公にはなんと特殊能力があったのです。普段髪の毛で隠している金色の左目で相手を見ると、どんな仕事をしてきたかを判別できるというもの。

wikiでこの特殊能力に付いて調べてみると、これは特殊能力ではなく、両方の目で見ることで集中力が上がり観察力が高くなるってことらしいです。観察力ということは、シャーロックホームズやコナン君と同じなので、漫画ならではの突拍子もない特殊能力ってわけではないのかな。

市場クロガネはこの力を活用してお金を稼いでいきます。どのようにしてお金を稼いでいくかというと「人材紹介」です。

全然客が来なくて廃部を覚悟していた学食部を救ったり、お金を稼げず退学間近の生徒を救ったり、優秀な人材が必要な生徒会に最適な人物を紹介したりと仕事と人物のマッチングサービスでお金を稼いでいきます。

あなたがどんな仕事をやりたいのか適職・起業で悩んでいるなら、この漫画を読むことで楽しくヒントを得られるかもしれません。

市場クロガネの名言集

まだ読み始めて日が浅いですが、市場クロガネを読んでこれは仕事をする上で心に残しておきたいと思う名言があったので書いておきます。

「自力で金銭を得られるほどの研鑽された力
 ・・・これを美しさと言わず何と言う!」

「己を前向きに貶めるな!見苦しい!」

「欠点や不得手なぞ数えても懐は暖まらん。
 欠点やできないことをその道のプロに任せる。
 そうやって世の中の金は回ってるんだ!」

「これと決めた道で稼ぐ者は皆真剣でがむしゃらで、美しかった。」

「市場クロガネは稼ぎたい」はWeb漫画「裏サンデー」とスマホ専用無料漫画アプリ「マンガワン」で連載中です。単行本も販売されていますが、「マンガワン」なら無料で読めるのでスマホを持っているなら、こちらをおすすめします。