注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO

21.5インチiMacでwindowsを動かすメモリ増設について

iMacでWindowsを動かそうと思ったら
VMware fusionか、bootcampを使う必要が
あるんですよね。
そもそも、windowsのOSを別に買う必要があるので
普通に買うと4万円くらいすので結構いたい出費です。
OSだけに4万円も払うのはバカらしいので
なんとか安く買う方法はないかと調べたところ
windowsのDSP版というものを見つけました。
DSP版とはHDDやFDDなどパソコンの内蔵機器と一緒に
購入することで安く購入できるものです。
これだと2万円程度でwindows7が購入できるので
お買い得です。
ただ、DSP版はちょっと制限があって
購入した内蔵機器を搭載したPCにしか
OSをインストールしてはいけないのです。
わたしの買った新しいimacには
内蔵型のFDDやHDDを搭載することは
できないのでダメなのかなぁ〜っと
あきらめかけました。
しかし!!
見つけました!!!
imacでもDSP版を購入する方法を☆
それはimac用の増設メモリと
一緒に購入することです。
秋葉原の近くに住んでいれば
アキバでサクッと購入できるのでしょうが
わたしは地方なのでネット通販で
探しました。
ネットで探したところ
一番安いお店がアップル専門店「PLUSYU楽天堂」でコレ。
○アップル専門店「PLUSYU楽天堂」
Microsoft Windows 7 Home Premium 32bit DVD + 汎用性の高いメモリ1GB(DDR3-1066)(バルク品)
このバージョンのWINDOWS7はホームプレミアムの32ビット版ですね。
一番安く買いたいならこれですね。
でも、わたしが購入しようとしているのは秋葉館で
売ってるコレです。
DSP版 Windows 7 Professional 64bit [FQC-01205] Transcend製 DDR3 SO-DIMM 1066MHz 2GBセット

バージョンは64bit版のWindows7プロフェッショナルです。
プロフェッショナル版はXPモードを備えているのでwindows7で動かないソフトが
あってもXPモードで動く可能性があるので過去のソフトやハードの資産が
無駄になりません。
わたしの場合、ハードの資産はないのですが
フリーソフトを結構使っているので
これらが動かなくなるのが心配なんですよね。
そんな理由でプロがほしいのです。
このDSP版はメモリが付いてるので
今のimacに増設すると合計で6GBになるので
VMware fusionで動かしても
充分なメモリ容量だと思います。
ただ、DDRメモリは2枚一組で
増設しないといけなかったような
気がしたので大丈夫かと思ったのですが
大丈夫でした。
アップルのコールセンターに電話して
メモリ増設について確認してみました。
1枚だけ追加してメモリ3枚の6GBでも
大丈夫ですか?と聞いてみました。
そしたら、しばらくのお待ちくださいコールの後で
2枚一組でなくても大丈夫です。
との正式な答えをもらえたので安心して買えます。
ただ、これはわたしの買った21.5インチimacのことなので
他のimacでも大丈夫なのかはわかりません。
他のmacを使ってる人は調べてみてください。