古いパソコンのHDDをSSDに交換して高速化の予定が

2016年6月3日

昨日は5、6年ほど前に親が買ったノートパソコンの

シャープメビウスの動作が遅くなったきたので

HDDを交換することにしました。

アクセス速度が速いということで有名なSSDを使ってみようと思い

古いパソコンでも使えるIDE接続のSSDを18000円くらいで購入しました。

普通のHDDより割高です。しかも容量は64GB。

で、メビウスのリカバリCDをまだ作成していなかったので

リカバリCDを作成してHDDをSSDに乗せ変えてリカバリCDから

セットアップを開始しました。

順調に進んでいると思いましたがトラブル発生!!

データを書き込むときに「ディスクデータのアドレスが一致しません」みたいな

メッセージが出て止まってしまいました。

なにやら修復するかしないかを選べと聞いてきています。

よくわからないけど、「修復する」を選んでみました。

これが悪かったのかもしれません。

このあと、リカバリがもう終わるという最後の4枚目で

ディスクエラーでリカバリーが完了できません。

何度やってもダメ。

リカバリCDからのリカバリがダメなのかと

HDDバックアップソフトからデータをまるごとコピーしても

ブートできない。

あぁ〜、やっちゃったかなぁ。

SSDからブートができない。

古いパソコンだからダメなのかと

思ってもみたがHDDケースに入れるとデータがみれる。

しょうがないのでSSDへの交換はあきらめて

HDDに交換して作業を終了しました。

新しいHDDに交換したことでパソコンの動作が

キビキビと軽快に動くようになりました☆

しかし、せっかく買ったSSDが使えなかったので

他のパソコンでどうにかできないかとやってみました。

HPのノートでも認識せず、Macのpowerbookでも認識できず

古いパソコンで使えるということで買ったIDE接続のSSDは

ちっとも認識されません。

このSSDはもうデータバックアップ用にしか使い道はなさそうです。

せっかくのSSDがデータバックアップ用とはもったいないなぁ。

今回は高い勉強代となってしまいました。