新しいiMacにはワイヤレスキーボードと
ワイヤレスのマウス(Magic Mouse)が標準で付属しています。
ワイヤレスキーボードにはテンキーがなく
とっても薄いのが特徴です。
アップルストアで
このワイヤレスキーボードだけを買うこともできます。
6800円です。
ではキーボードを見ていきます。


まずは上と下からの写真。

右側面には電源ボタンがあります。
最初に見たときにはこの電源ボタンは
本体の電源ボタンかと思いましたが
キーボードの電源ボタンでした。

左側には何かくぼみがあるので
コインで回してあけるのかなぁ〜っと思っていたら
やっぱりそうでした。
説明書を見たらここをコインで
回して単3電池を入れる場所でした。
こんな感じで100円玉などで回します。



蓋を外すとこんな感じで電池がでてきます。
単三電池が二本はいってます。
次は世界初のマルチタッチ対応マウスのマジックマウスです。
最初は白い袋に入っていました。


マウスは薄くてツルツルです。
普通のマウスよりも高さがないので
わたしはちょっともちにくいかなぁ〜。

マウスの裏側はこんな感じになっていて
単三電池を入れる蓋があります。
蓋を開けるとこんな感じです。

「Energizer」という名前の単三電池が
二つ入ってました。
マジックマウスの使い心地のレポートとしては
マルチタッチの操作は広いウインドウを
左右にも上下にもスクロールできるので
普通のマウスよりもとても使いやすいです。
クリックもどこをクリックしても良く
画面のスクロールもなぞるだけで上下左右に
スクロールできるので新鮮な感覚です。
あと気になる点としては大したとこではないですが
マウスで長い距離を移動するときに持ち上げて
手首を何度かスナップさせるのですが
電池が入っているのでマウスを重く感じること。
マジックマウスも別売りしてます。
アップルストアで買うと6800円です。
Macの周辺機器って高いですね。