イラストやデザインなど印刷・出版の仕事をすると当然のようにアップルのコンピューターMacの話題が出てきます。今は昔ほどMacにこだわる必要がなくなっていると思いますがMacといえば創作やクリエーターというイメージはすっかり定着しています。

Macのパソコンはアップルだけが製造・販売しているのでウィンドウズに比べて高いイメージがあります。ウィンドウズのパソコンが5万円以下で買えるのに比べてMACではMacminiという本体だけで7万円くらいからとなっています。

Macの魅力は価格よりもデザイン性によるところが大きいと思います。ウィンドウズは事務的な感じで無機質で、Macは優雅で有機的な感じがあり愛着が沸きやすいようにも感じます。リンゴのアップルロゴもかわいいですし。

わたしはwindowsとmacの両方を持っていますが、Macが古いというのもありますがインターネットを見るときはwindowsの方で見てます。Macだと見れないサイトがけっこうあるのでネットをやるときに不便なことがあります。
追記:Macだと見れないサイトはほとんどなくなりました。

でも、次にパソコンを買うときはMacを買おうと思っています。最近のMacはウィンドウズもインストールできるのでMacがあれば両方使えるってのがポイント高いです。ウィンドウズではMacは動きませんからね。

「Snow Leopard」を搭載した新製品の発売を今か今かと心待ちにしています。