AmazonではAmazon Web サービスが提供されています。

Amazonで扱っている本やCDなどの商品情報を自由に扱うことができるので自分のホームページにAmazonの商品を表示させることができます。

Product Advertising APIサービスを利用すると自分のホームページからAmazonにアクセスして商品が売れれば報酬を受けとることもできます。

ただ、マニュアルやサンプルが英語サイトしかないため、はじめて利用するときはかなりハードルが高いです。

わたしもAmazonのサンプルを見ながら作ってみたのですが、Amazonで公開されているサンプルが古いのでそのままでは動かず、解決方法を探してネットをいろいろとさまよいました。

そして、いくつか参考になりそうなサイトを見つけたのでここにメモしておきます。

Amazon Product Advertising API への対応(PHP版) – もやし日記
http://d.hatena.ne.jp/p4life/20090510/1241954889
Product Advertising APIに対応したサンプルコードが公開されています。Product Advertising APIについて解説しているサイトが他に見つけられなかったのでとても助かりました。意味不明だったSecret Access Keyの意味がここでなんとなくわかりました。

Product Advertising API
http://docs.amazonwebservices.com/AWSECommerceService/latest/DG/index.html?RequestAuthenticationArticle.html
Amazonが提供しているProduct Advertising APIのドキュメントです。すべて英語なのでよくわかりません。翻訳webサービスを使えば何とか読めるかも。

Amazon ECS 4.0 解説1 RESTリクエストのパラメータ:Goodpic
http://www.goodpic.com/mt/archives2/2004/10/amazon_ecs_401.html
Amazon E-Commerce Service 4.0AmazonAPIで使用できるRESTリクエストのパラメータの一覧があります。RESTリクエストを作るときに便利です。

Amazon Web サービス入門(Product Advertising API)
http://www.ajaxtower.jp/ecs/
Product Advertising APIのサービスの利用方法などが説明されています。RESTリクエストのサンプルがあるのですが、シークレットアクセスキーを導入したサンプルが現在(2009年07月)ないため、紹介されているサンプルは使えなくなるかも。