Macでイラストや絵描きをするためのソフトを探す

Macで買うと写真編集の「iPhoto」や
動画作成「iMovie」、音楽作成「GarageBand」などの
クリエーターが喜ぶ制作ソフトが最初から入ってます。
しかし、イラストや絵を描くためのソフトが
なぜかひとつも入ってないんですよね。
事務向けといわれるWindowsですら
「ペイント」という絵描きソフトが入っているというのに
クリエーター向けのパソコンといわれるMacには
なぜか絵描きソフトが入ってません。
では、Macで絵を描きたいときはどうするか?
Macで画像編集といったらPhotoshopが有名なのですが
これはプロ向けのソフトなので普通に買うと約10万円と
新しいパソコンが買えちゃうくらい高いです。
でも、幸いなことにPhotoshopにはプロ向けでない
一般向けの1万円程度のPhotoshopElementsというものもあります。
どうしてもPhotoshopが使いたい人は
PhotoshopElementsを購入するのも1つの方法です。
他の有料のソフトでも良いのであれば
他にもいくつか発売されていてAppStoreからも購入できます。
AppStoreで販売されている画像編集・ペイントソフトで
有名なソフトをリストアップするとこんな感じになります。
■AppStore 有料ソフト
・Pixelmator
・SketchBook Pro
・Corel Painter Lite
・iDraw
・EazyDraw
・Sketch
■AppStore 無料ソフト
・SketchBook Express
・SketchBook Copic Edition
他にも、無料で使えるフリーソフトというものがあって
有名なものが以下の2つになります。
・GIMP
・Inkscape
フリーソフトの場合はファイルをダウンロードして
インストールする手間が必要なのでAppStoreからソフトを
インストールするよりもちょっと面倒です。
わたしがMac初心者にオススメするソフトは
SketchBook Expressです。
無料なのとAppStoreから簡単にインストールできるので
ちょっとしたイラストを描きたいならこれだけで
充分だと思います。
SketchBook Expressは他のソフトを使ったことがある人だと
操作方法に違いに戸惑うかもしれませんが、他に画像編集ソフトを
使ったことがなければ何の抵抗もなく使えると思います。
このソフトで満足できなければ
別のソフトを使えば良いだけです。

未経験からイラストの仕事、ネットビジネスで稼ぐ無料メルマガ

イラストを仕事にして稼ぐ、イラストが描けなくてもイラストで稼ぐ、仕事を自分で作り出して稼ぐネットビジネスの方法をすべて無料で教えています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ