Macで絵を描こうと思ったときにどんなペイントソフトを
使ったら良いのか悩んだので、無料で使えるソフトを
まとめてみることにしました。
ここで紹介するソフトは鉛筆や水彩画、油絵で描いたような
絵が描けるソフトを紹介します。
Windowsでいえば、標準で付いている「ペイント」みたいな
ソフトになります。
Macではなぜか標準でお絵描きソフトが付いていないので
絵を描きたいと思ったときは無料や有料ソフトを入手しないと
ならないので面倒なんですよね。
一番簡単にペイントソフトを手に入れる方法は
Macに最初から登録されているアプリ「App Store」を
利用する方法です。
「App Store」では有料ソフトの購入・インストールが
簡単にできるのですが、無料ソフトも購入してインストール
することができます。
ダウンロードやインストールなど面倒な
操作が必要ないのでこれを使わない手はありません。
「App Store」で無料で使える代表的なペイントソフトを
紹介していきます。
SketchBook Express
SketchBook Express
Macで絵を描くソフトとして一番有名かもしれない「SketchBook」の
無料版です。有料版よりも機能制限がされていますが、画像を重ねる
レイヤー機能も使えるのでこれでも充分描けます。
SketchBook Copic Edition
SketchBook Copic Edition
こちらも「SketchBook」の無料版ですが
イラストの着色マーカーとして有名なコピックが使えるバージョンです。
コピックを買い揃えたかった人にはうれしいソフト。
リアル黒板FREE
リアル黒板FREE
黒板にチョークで描いたような絵が描けるソフトです。
学校で描いた黒板への落書きが懐かしくなるソフトです。
Inkist Lite
Inkist Lite
無料で使えるペイントソフトですが
ツールボタンの並びが独特なのでちょっと使いづらいかも。
「App Store」から無料で使えるペイントソフトは
こんな感じなので「SketchBook Express」「SketchBook Copic Edition」が
オススメです。
次は「App Store」を使わずに使える
無料ペイントソフトを紹介します。
Gimp
Gimp
無料で使えるペイントソフトとして絶対に外せない定番ソフトです。
画像編集ソフトとして有名ですが、絵を描くこともできます。
※GIMP2.8は本家GIMPサイトのファイルだと日本語環境で起動できないので
上のリンクをクリックして[GIMP on OS X]からダウンロードしてください。
FireAlpaca
FireAlpaca
「ファイヤーアルパカ」というおもしろい名前のペイントソフトですが
WinでもMacでも動くペイントソフトで以外にも使いやすいです。
Paintbrush
Paintbrush
とにかくシンプルなペイントソフトがほしい人はこれです。
Windowsのペイントと同じような感覚で描けます。