さお、絵を描こう!!

「紙とペンがあれば、絵は描ける。」

絵を描くのに必要なのは「紙」と「ペン」。
もっと原始的にいえば木の枝と地面があれば絵は描けますね。

で、何がいいたいかといえば
「身近なちょっとした道具があれば絵は描けますよ。」
ってことなんですよ。

別に高いお金を払って油絵用具一式を
買い揃える必要はないってこと。

手描きイラストの魅力

イラストの描き方は手描きの他にも、パソコンを使って描く方法や石や木を使って造形する方法などがあります。

その中でも、手描きのイラストには独特の温かみがあり、もっとも人々の関心を集めることができます。

ペイントソフトの紹介

イラストをパソコンで描くためにはペイントソフトというソフトを使います。
ペイントソフトにはウインドウズでは最初からペイントという無料のソフトが付属されていますのでちょっとお絵かきイラストを描くのに便利です。

また、ペイントソフトには無料で使えるフリーソフトとお金を払って使う有料ソフトがあります。

無料で使えるフリーソフトのペイントソフトで有名なのが「pixia」というペイントソフトです。

ペインター

ペインターは油絵や水彩画、パステルなど実際にある画材を使っているかのように
パソコンに絵を描けるソフトです。

ペンタブレットを使うとより使いやすくなります。描きあがった絵をみたときにパソコンで描いたとはわからないくらいのリアルな絵を描くことができます。

花子

ジャストシステムから発売されている純国産製のドローソフト。
花子はドローソフトでありながらフォトレタッチの機能も持っている多機能ソフト。
価格も1万円程度と安いので手軽に始められます。

お絵描き掲示板・チャット

ネット上ではお絵描き掲示板というものがあって絵を描ける掲示板があります。
パソコンにお絵描きソフトがなくてもインターネットがあれば絵を描いて、その絵を公開できるという素晴らしい技術です。

photoshop(フォトショップ)

いわずと知れたアドビ社のphotoshopです。
プロ向けの画像編集ソフトでその機能を使いこなせればどんな画像処理もできてしまう。
画像を重ねることによって作業効率を便利にした「レイヤー」機能を初めに採用したのもphotoshop。

ただ、その機能の高さゆえ価格が高く趣味で購入することがむずかしい。
最近では、機能限定版のphotoshopエレメントという1万円程度のものも発売されている。
機能限定とはいえ、趣味で使う分には十分な機能があるのでオススメです。

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/family/

openCanvas

openCanvasの最大の特徴、「イベント再生機能」。
これはイラストの制作工程を全て見ることができる、画期的な機能です。
イラスが好きな人であれば、「このイラストはどうやって描いているんだろう?」と思ったことが一度はあるはず。

ユーザーコミュニティサイトからイベントファイルをダウンロードすれば、あなたのPC上でみるみる制作工程が再生されていきます。
また、openCanvas4.5では、何をしたかがリスト化されていく「イベントログ」や、「再生速度調整」等、イベント機能が強化され、イベントがわかりやすくなりました。
一人で描いていてはわからない、新しい発見がここにあります。

http://www.portalgraphics.net/ja/