mixiのようなコミュニティサイトを自分で作りたいと考えたときに無料で使えるCMSツールを紹介していきます。CMSとはContent Management System の略で、コンテンツ管理システムのことなんだけど、こう書くとなんだか難しいそうに聞こえますね。

カンタンにいうと、プログラムが書けない人でもこのソフトを使えば数十万円~数百万円するようなコミュニティサイトが誰でも無料で作れますよ、ってこと。

それで、わたしが今注目しているCMSソフトがxoops、joomla、openpneという3つのコミュニティソフト。他にも探せば優れたソフトがあると思うので見つかったときにはそのときに紹介していきます。

まずはカンタンにその3つのCMSソフトをご紹介。

xoops(xoops cube)

日本で一番有名なコミュニティ構築CMSソフトで、本や書籍が一番多く発売されている。サポートHPも数多くあるのでネットで基本的な情報の収集やサポートも充実している。会社がカスタマイズをして販売してたりもするので信用度は高い。xoopsの特徴は掲示板やブログ機能などの各機能をパーツとして扱っているので、ほしい機能をカンタンに追加してカスタマイズできるので自分に必要な機能をどんどん追加できる。ただ、携帯電話からのアクセスは完全ではないため携帯電話でのコミュニティサイトを作るには適していないように思う。

Joomla

日本ではあまり知られていないが、世界的に人気のあるコミュニティ構築CMSソフト。基本的な機能はxoopsとほとんど同じで、日本語にも対応している。海外での人気が高いため追加機能のほとんどが英語というのが難点で、日本語にローカライズされている機能が少ないのが残念なところ。携帯電話からのアクセスについてはどうなのか不明だが、おそらくxoopsと同じ程度の対応と考えられる。

openPNE

現在、わたしが一番興味があるコミュニティ構築ソフト。mixiをリスペクトして作られたCMSソフトというだけあって、見た目も機能もmixiとほとんど同じ。そして、なによりも携帯電話での動作がxoopsやjoomlaと違い安定しているのが一番の強み。弱点は他のCMSソフトのように機能を自分で追加したりすることがxoopsのようにカンタンではないということ。