Macで使えるモニターを紹介します。

iMacではモニター一体型なので新しく別にモニターを
購入する必要はないですが、「Mac mini」や「Mac Pro」では
モニターがついていないので購入する必要があります。

新しいiMacには外部からの映像を表示できる
ターゲットディスプレイモードが使えるので
Thunderboltを搭載したMacの液晶として使用できます。

■参考サイト

iMac (Mid 2011):Mini DisplayPort ではターゲットディスプレイモードが機能しない

「Mac mini」に接続できるモニター

「Mac mini」のモニターとして使うには
モニターが「HDMIポート」または「Thunderboltポート」を
搭載している必要がありますが「HDMI – DVIアダプタ」を使うことで
「DVIポート」を搭載しているモニターでも使用できます。

ほとんどのモニターは「HDMIポート」または「DVIポート」を
搭載しているのでモニターを購入して接続できないことは
ほとんどないと思います。

「Thunderboltポート」でもモニター出力できるのですが
対応しているモニターが「Apple Thunderbolt Display」しかないです。

「iMac」に接続できるモニター

iMacはモニター一体型なので新しいモニターを購入する必要は
ないですが、デュアルディスプレイにして広い画面で作業したいとき
には外部モニターを接続できます。

iMacの「Thunderboltポート」または「Mini DisplayPort」から
外部モニターを接続することができます。
変換アダプタを使うことで「DVI」「VGA」のモニターを接続ができます。

「Mac Pro」に接続できるモニター

「Mac Pro」で使えるモニターは「Mini DisplayPort」を
搭載したモニターです。変換アダプタを使うことで
「DVI」「VGA」でモニター接続ができます。

「Mini DisplayPort」を搭載したモニターは
それほど多くないのでモニターを選ぶときには
注意が必要です。