Photoshopで写真を使って四角いボタンを作る方法

ホームページを作るときに必ず必要になってくるのが
クリックしたくなるようなボタン画像です。
ボタン画像は無料のホームページ素材を探せば
いくらでもあるのですが、せっかく自分のホームページを
作るならオリジナル画像を使ってボタンを作って
個性を出したいと思うわけです。
Photoshopではボタンをカンタンに作ることが
できます。
ボタンの作り方はいろいろあるんですが
わたしがよく使う方法を紹介します。
今回は顔の部分をボタンにする作り方を
説明します。
まずはボタンに使いたい画像を用意して
Photoshopで開きます。
写真素材としてこの女の子を使っていきます。

このままでは画像が大きすぎるので
顔の部分だけを「切り抜き」ツールを使って
画像サイズを50×50ピクセル程度にします。
ツールバーから「切り抜き」ツールをクリックします。

上のツールメニューに幅と高さを指定できる項目があるので
作りたいボタンのサイズを入力します。50×50を作りたいので
幅と高さに「50」と入力します。

ボタンにしたい顔の部分をクリックして選択します。

ダブルクリックして決定すると
指定したサイズ50×50の画像に切り取られます。

次にレイヤースタイルの[ベベルとエンボス]を
選択します。画像のレイヤーが背景になっている場合は
レイヤースタイルが使えないのでレイヤーをダブルクリックして
「レイヤー0」にしてください。

あとは設定画面の「深さ」や「サイズ」の数値を変えれば
好みのボタンを作ることができます。

画像の状態を見ながら良い感じになったら「OK」ボタンを
押して決定です。これでボタンの完成です。

未経験からイラストの仕事、ネットビジネスで稼ぐ無料メルマガ

イラストを仕事にして稼ぐ、イラストが描けなくてもイラストで稼ぐ、仕事を自分で作り出して稼ぐネットビジネスの方法をすべて無料で教えています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ