【仕事に使える】おすすめのイラスト制作ソフト(無料・フリーソフト)

【仕事に使える】おすすめのイラスト制作ソフト(無料・フリーソフト)

パソコンでイラストを描く環境はWindowsの方が簡単に作れます。macはwindowsよりもクリエイター向けといわれますが、macでお絵描きしようとすると無料で使えるフリーソフトが少ないのが難点でした。しかし、最近ではMacでも使える無料のお絵描きソフトが充実してきたのでWin、Mac関係なくイラスト制作環境を簡単に準備できるようになりました。

ここで紹介するフリーソフトはどれも無料で使えてWindowsでもMacでもどちらでも使えます。しかも、どれも高機能で有料ソフトと比べても遜色ないので仕事にも充分使えます。お絵描きソフトの購入を考えているなら、まずはこれらの無料ソフトを試してみてからでも遅くはないと思います。

FireAlpaca(ファイアアルパカ)

無料で使えるペイントソフトです。ブラシは標準でペン・鉛筆・エアブラシ、水彩が用意されています。左右対称ブラシや回転対象などの変わったブラシもあり、イラスト制作には欠かせないレイヤー機能もあります。psd形式で保存できるのも便利です。

FireAlpaca
http://firealpaca.com/

メディバンペイントPro(MediBangPaint Pro)

メディバンペイントProは、イラスト・漫画制作ができるペイントソフトです。クラウド、豊富な素材、有名フォント、多彩なブラシが無料で使えます。漫画制作ではトーン・背景、ブラシ、コマ割りなどの機能が豊富です。

メディバンペイントPro
http://medibangpaint.com/

GIMP(ギンプ)

無料で使えてPhotoshopの代替ソフトとも言われるフォトレタッチソフト(画像編集・加工アプリ)ですが、イラストも描けます。フリーソフトとして長年利用されているので、参考書籍や関連サイトが豊富です。

GIMP
https://www.gimp.org/downloads/

Inkscape(インクスケープ)

無料で使えるドローソフトです。イラストレーターの代替ソフトとして紹介されることが多いです。フリーソフトの中で一番使い勝手の良いドローソフトです。印刷用には向きませんが、Webやアプリ用のイラスト制作なら充分利用できます。

Inkscape
https://inkscape.org/ja/download/mac-os/

どのソフトが一番使いやすいのか?

何を作るのかで使うソフトが違ってきますが、だいたいこのような使い分けになります。

イラスト制作に向いているソフト

  • FireAlpaca(ファイアアルパカ)
  • Inkscape(インクスケープ)

漫画制作に向いているソフト

  • メディバンペイントPro

写真加工・画像編集に向いているソフト

  • GIMP(ギンプ)

お絵描きするだけならどの無料ソフトでも描けますが、ソフトによって使い勝手が違うので最終的には好みで選べば良いと思います。

無料ソフトだけでも仕事ができる?

わたしはイラストの仕事でInkscapeを使って描いたことがあります。
仕事にもよりますが、無料ソフトだけでも仕事用のイラストを描くことはできます。

結局、仕事をする上で大切なのはお客さんが希望している画像形式でファイルを渡せるかということです。Web用イラストなら、納品データとして希望されるのはだいたいjpegやPNGなので無料ソフトでも問題なく仕事をすることができます。

しかし、印刷関係の仕事だとpsd形式やai形式を求められることが多いので、Photoshopやillustratorがないと仕事になりません。わたしも無料ソフトだけでも仕事はできましたが、aiデータが使えると仕事の幅が増えるので結局イラストレーターを後から購入し印刷向けの仕事もすることができました。

正直、Photoshopはなくても仕事はできますが、印刷の仕事はイラストレーターがないと仕事になりません。イラストレーターの代替としてInkscapeがありますが、商業印刷向けの機能がないので印刷向きではありません。

なので、イラストの仕事をするなら、まずは無料ソフトで仕事を始めましょう。そして必要になったら、有料ソフト(Photoshop、イラストレーターなど)を購入していけば良いと思います。

未経験からイラストの仕事、ネットビジネスで稼ぐ無料メルマガ

イラストを仕事にして稼ぐ、イラストが描けなくてもイラストで稼ぐ、仕事を自分で作り出して稼ぐネットビジネスの方法をすべて無料で教えています。
サブコンテンツ

このページの先頭へ