これまでパソコンを使う副業を紹介してきましたが、パソコンが苦手な場合には在宅でできる手作業の在宅ワーク・内職を検討してみましょう。

パソコンを使わない在宅ワーク・内職の仕事を探す方法を説明していきます。

在宅ワーク・内職の仕事の探し方

在宅ワーク・内職の仕事は普通に求人情報誌やハローワークを見ても求人がほとんどでていません。内職の見つけ方でよく言われるのは、家族や知り合いが内職をしていて紹介されるというものです。

しかし、知り合いで内職をしている人ってほとんどいないと思います。そもそも、内職の仕事自体が多くなく、内職を探している人も一般求人に比べて少ないので求人広告に載る機会も少ないのです。

地域の新聞・情報誌で探す

一般の求人情報誌や求人サイトに載りにくい内職の仕事も、地元で発行されている新聞や情報誌の求人欄には載っている可能性があります。もともと在宅ワーク・内職を依頼する企業は会社の近くに住む地元の人に仕事を依頼したいでしょうから、地元の新聞や情報誌に求人広告を載せた方が地元の人に見てもらえますよね。

ただ、求人情報のためだけに新聞や情報誌を購読契約する必要はないです。地元の図書館に行けば、今日の新聞を始め、過去の新聞や情報誌を閲覧することができるので、近くに図書館があれば利用してみてください。

役所に問合せる

在宅ワーク・内職の仕事をハローワークで探して見つからない場合、市町村の役所によっては内職斡旋などの相談をしているところがあります。ハローワークや求人情報誌で見つからない場合は、一度問い合わせてみると良いと思います。

内職市場に登録する

内職市場は、全国的に展開している内職斡旋企業です。仕事を紹介してもらうためには近くの店舗で説明会に参加して、登録する必要があります。悪徳業者のように登録料などは一切必要ありません。全国展開ですが、まだ店舗数が少ないので、近くに店舗があるなら説明会に一度参加してみると良いと思います。

内職市場

在宅ワークの技術を身につける

在宅ワーク・内職というと、シール貼り、袋詰め、値付けなど簡単な手作業だけだと思われがちですが、より高収入を狙える仕事もあります。

それが、建築模型製作、賞状書士、テープライターなどの仕事です。

これらの仕事は技術が必要になるため、単純な手作業の仕事が1個1円などに対して1つの仕事で数千円〜数万円の報酬になることが普通です。単純作業ではなく、技術を身に付けて稼ぎたい人におすすめです。

在宅ワークの技術を身につけるなら、こちらの通信講座がおすすめです。

★在宅ワーク技能を習得しよう! >>> 通信教育90年のがくぶん

技術の習得に半年程度の期間がかかるのが難点ですが、一生使える技術ですので、この期間にしっかりを学んで技術を身に付けましょう。