クラウドソーシングは在宅ワークの仕事を希望する人と仕事を依頼したい人を紹介するSOHO向けの仕事マッチングサイトです。有名なサイトとしては「ランサーズ」「クラウドワークス」「シュフティ」になります。

クラウドソーシングではホームページ制作やアプリ開発などのプロ向けの案件だけでなく、経験不問でできるアンケートや記事作成などの簡単な仕事も多数登録されています。

仕事の種類もホームページ制作のWeb関係から、スマートフォンアプリの開発、イラスト、デザイン、音楽、写真、翻訳、データ入力、アンケートなど多種多様にあるので、何の経験もない人でもできる仕事がひとつは見つかるはずです。

仕事に応募するときの注意点として、クラウドソーシングの働き方には

  • コンペ
  • タスク

の2つがあるということです。

「コンペ」の仕事は、例えば会社のロゴデザイン作成の案件だった場合、応募されたたくさんのロゴデザインの中から1つだけが採用されて、その応募者だけに報酬が支払われる仕組みです。

つまり、「コンペ」の案件では選ばれなければどんなに自信作を作ったとしても選ばれなければ1円にもならないので、初心者にはオススメできない仕事です。

「タスク」の仕事は、単純で仕事をした時間、作業した分に対して報酬が支払われるので、確実に報酬が受取れます。基本的にはこのタスクの仕事だけを選んでいけば良いです。

ただ、例外的に会社の名前やお店の名前などの「ネーミング」案件だけは、コンペ形式ですが、短時間で考えられるなら、やる価値はあると思います。

まずは、「タスク」形式の仕事で、できそうだと思った仕事にどんどん応募しましょう。

クラウドソーシングはネットビジネスの実績作りに最適

このようにクラウドソーシングでは、いろいろな仕事があるので、ポイントサイトの次に副業としてオススメできます。

クラウドソーシングとポイントサイトと一番の違いは、クラウドソーシングでは仕事として現金で報酬を受け取れるということです。つまり、どんなに簡単な仕事でもネットビジネスの実績になるということです。

よく、ネットビジネスは難して何をしたら良いかわからないといって、何もできない人がいますが、クラウドソーシングでできる仕事を見つけて始めたら良いと思います。

始めは小さな金額かもしれませんが、これが経験にしてステップアップしていけば良いので、何もしない無駄な時間を過ごすよりも何倍も早く稼げるようになります。

いまできることから、少しずつ始めて行きましょう。