Mac版ではダイナミッククロスが使えなかったので

Windows版のDAZ Studioをダウンロードして

インストールしてみました。

起動した画面はコレ。

Mac版と変わらないですね。

では早速、ダイナミッククロスがあるかタブを見てみます。

おぉ〜、ありました!!

「Dynamic Clothing」がそうですね。

始めからWindows版を使っていたらタブを見ただけで

こんなに感動することはなかったでしょう!

で、タブを表示するとこんな感じです。

よくわかりませんが、設定画面が表示されました。

ここでいろいろと設定をするんでしょう。

これでDAZ Studioでダイナミッククロスを使える環境が

整ったわけですが問題はダイナミッククロスをどうやって使うかです。

Poser用のダイナミッククロスの振袖データが無料で

配布されているのでそれを使いたいと思います。

DAZ Studioに読み込んでみました。

チャンとテクスチャも読み込めてます。

Poserと同じように振袖を選択してクロスシミュレーションの

「Drape」ボタンをクリックしようとしても

エラーが出てダメです。

設定を確認してくれみたいなメッセージが出るので

設定をいろいろと変えてみてもダメですね。

使い方がわからないのでネットで検索してみると

どうやらDAZ StudioのダイナミッククロスはDAZ Studio用に

作成したデータでないと動かないようです。

で、そのDAZ Studio用のダイナミッククロスのデータが

無料ではぜんぜん見つからないし、自分で作ることもできない。

ってことで、DAZ Studioのダイナミッククロスは

使えないですね。

せっかくインストールしたのにムダだったみたいです。

ただ、Poserでクロスシミュレーションした計算結果は

プラグインを使うとインポートできます。

詳しい説明は以下のサイトに書かれていますが

「Dyn_to_Morphs」を使うとデータをインポートできます。

英語なのでWeb翻訳で日本語にして読むと

なんとなくわかります。

Import Poser Dynamic Cloth into DAZ Studio

ちなみにわたしはDAZ StudioをMacの

Parallels Desktopで動かしているのですが

crystalモードで起動するとマウスの動作がおかしいので

Parallels Desktopの設定でsmartmouseを「切」にして

ウインドウモードにしないと正常に動かせないです。