ゲームで遊ぶだけでお金を稼ぐことはできるのでしょうか?

もちろん、できます。

数年前まではオンラインゲーム、ネットゲームで入手したアイテムやゲーム内の通貨を現実世界のお金で売買するRMT(リアルマネートレーディング)くらいしかありませんでしたが、最近ではもっと簡単な方法があります。

スマホの無料アプリのダウンロードで稼ぐ

お小遣い程度なら、スマホの無料アプリをダウンロードしたり、遊ぶことで簡単に稼ぐことができます。

やり方は簡単で、ポイントサイトに登録してゲームを遊ぶだけです。報酬を得るには、大きくわけて以下の3タイプあります。

1.アプリをインストール・初回起動で報酬がもらえる。
2.アプリをインストールし、一定時間プレイ後に報酬がもらえる。
3.アプリをインストールし、課金アイテム購入で報酬がもらえる。

報酬を得る方法は1、2が主流で、3のタイプはほとんどないです。

1アプリで10〜80円程度の報酬になりますが、たまに300円以上の報酬が設定されていることもあるのでこまめにチェックすることをオススメします。

注意点としてはスマホがないとアプリがインストールできないので利用できないということです。

わたしがお勧めするポイントサイトは1ポイント=1円で換金できる「モッピー」です。

モッピーではゲームアプリ以外にも楽天やYahoo!ショッピングなどの買い物をモッピー経由で購入するとポイントがもらえるので実質的にポイントが2倍になります。

ネット通販でよく買い物をするなら、よりポイントが貯めやすいです。詳細はこちらから確認してください。

モッピー

ゲーム実況・プレイ動画で稼ぐ

これは自分が遊んでいるゲーム画面を撮影してYoutubeなどに投稿して広告収入を得る方法です。

遊ぶゲームや機種に制限はなく、PS4、PS3、PS2、PS、PSP、Xbox 360、Xbox One、Wii U、 ニンテンドー3DS、ニンテンドーDS、パソコンなど動画を撮影できるものなら何でも良いです。

ジャンルも何でも良く、自分の好きなゲームを遊んで撮影するだけです。

特にパソコンゲームで動画撮影する場合には、商用ゲームの他に無料で遊べるオンラインゲームやフリーゲームが豊富にあるので遊ぶゲームに困ることはないです。

また、PS4ではゲームコントローラーにSHAREボタンが付いていてゲーム画面を簡単に録画することができます。

ゲーム実況やプレイ動画は今では一つのジャンルとして確立していてYoutubeやニコニコ動画で人気のコンテンツとなっています。

RMTや無料アプリのインストールよりも長期的に考えるとこの動画撮影で広告収入を得る方法が一番効率良く稼げます。

RMT(リアルマネートレーディング)で稼ぐ

最後にRMT(リアルマネートレーディング)について説明していきます。
RMTとはオンラインゲーム、ネットゲームで入手したアイテムやゲーム内の通貨を現実のお金を使って売買することです。

最近の国内オンラインゲームでは運営会社のほとんどがRMTを禁止しています。また、海外ゲームでは「Diablo3(ディアブロ3)」が積極的にRMTを認めていて運営までしていましたが、数年前にRMTサービスは中止されてしまいました。

運営会社としてはゲームをできるだけ多く遊んでもらいたいわけですが、RMTを認めてしまうとユーザーがゲームをする時間が短くなり、運営の意図したゲームバランスを崩されてしまうため積極的にRMTを認めるメリットはないってことですね。

また、RMTで稼ぐために行われている人海戦術(大量のプレーヤーの組織的投入)やBOT(自動プログラム)、不正アクセスによる転売目的での大量のアイテム取得などはゲームを普通に楽しんでいるユーザーから見たら、「荒らし」以外の何者でもありません。

2006年頃には日本国内のRMT市場だけで、150億円近い市場が存在しているといわれてましたが、現在では、多くのゲームが課金システムになってきているのでわざわざRMTで購入する利点はないように感じます。

とはいえ、RMT市場がなくなったわけではなくRMTを仲介する業者は現在も多数存在しています。やろうと思えば、誰でもRMTを始めることができます。

ただ、やはり運営会社が禁止しているものを反社会的なリスクを負ってまでやることはないと思います。

運営会社が禁止していても、違法ではないという考えもありますが、RMTをしたユーザーは営業妨害として訴えられる可能性はあります。

実際に訴えられたという話は聞いたことはありませんが、アカウント削除やゲームマネー凍結などは日常的に行われています。そんなリスクを抱えてまで、やるメリットはないでしょう。

もし、RMTをやりたいなら、運営会社がRMTを認めている海外オンラインゲームをオススメします。

RMTを認めている海外オンラインゲームとしては『Second Life』、『エントロピア・ユニバース(Entropia Universe)』、『エバークエスト2』などです。

しかし、日本でもRMTをしなくても公式でゲームで稼げると宣伝しているオンラインゲームもあります。

それが「DORAKEN」です。

ゲーム内でモンスターを倒したり、ユーザー同士のバトルで勝ってランキングを上げるとゴールドがもらえ、10ゴールド=1円で換金することができます。

ただ、単純にゲームとして楽しんで、ついでに換金なら良いのですが、換金目的で無課金で遊ぶとほとんど稼げないのが現状です。「DORAKEN」で無課金で稼げたという話は聞いたことがないので、稼ぐことを目的にして始めない方が良いと思います。

初心者がゲームで稼ぐためのまとめ

このように今は、ゲームで遊ぶだけでもお金が稼げる時代になりました。

どの方法を使っても稼ぐことができますが、最初はやはりポイントサイトを使っての無料アプリダウンロードをオススメします。

モッピー

スマホが必要になりますが、他には必要なものもなく隙間時間でパッパッとポイントを稼げるので誰にでもオススメできます。

ポイントサイトでお小遣いを稼いでから、もっと稼ぎたいという人はゲーム実況やプレイ動画でYoutubeの広告収入に挑戦してください。

ゲーム実況の場合は顔出しをしないまでも、声の出演はした方が面白みが伝わって人気がでやすいです。

棒読みちゃんなどの人工音声を使ってゲーム実況をしている動画もありますが、手間を考えると自分の声で実況した方が作業的には楽です。

ゲーム動画を作るために大容量HDDやマイクセットなどが必要になるので、必要に応じて買い足してください。

最後にRMTについては、オススメしません。理由は日本のオンラインゲームでRMT取引できるものがないし、わざわざ言葉や文化の違う海外ゲームで苦労したくないからです。

以上、ゲームでお金を稼ぐための方法でした。
自分が楽しめると思う方法を試してみてください。