ネットビジネスでは自分の技術をお金に換えることが簡単にできます。
特にホームページ制作ができることは、インターネットがなくならない限り
仕事に困ることがない技術になります。

ホームページ制作と言ってもHTML作成からサーバー構築まで範囲が広いです。
学べば学ぶほど収入も上がっていくので、やりがいのある仕事です。

ホームページ制作をこれから勉強して仕事にしたい人は
基本となるHTML、javaスクリプト、cssから学び始めてください。
これらを基本を理解するだけでも2、3ヶ月はかかりますが
自宅で仕事ができるようになります。

HP制作の知識がある程度身に付けば、
後はネットで調べながら学べるので完璧に覚える必要はないです。

というより、HP制作では覚えることが多すぎるので、
すべてを覚えることは不可能だと思って勉強した方が良いです。

最近は、Wordpressを使ってサイトを作る企業も増えてますが
WordpressのカスタマイズにはHTML、javaスクリプト、cssの知識に加えて
PHPというプログラムの知識が必要になってきます。

HTML、javaスクリプト、cssの基礎が理解できたら
Wordpressのカスタマイズができる程度のPHPの基礎を勉強して
スキルアップすることをオススメします。

自分でHPが作れるようになったら、実際に仕事を探しましょう。
個人が在宅でホームページ制作の仕事をするなら「クラウドソーシング」を
利用するのが一番仕事を見つけやすいです。

クラウドソーシングは在宅ワークの仕事を希望する人と仕事を依頼したい人を
紹介するSOHO向けの仕事マッチングサイトです。
有名なサイトとしては「ランサーズ」と「クラウドワークス」になります。

HP制作の仕事も数多く掲載されていて、
50万円以上になるような仕事の案件も複数あります。

もちろん、高額な仕事には高度なスキルが必要になるので
HTMLが書けるというだけでは応募すらできません。

しかし、仕事の中には簡単なホームページ作成を希望する仕事や
既存サイトの編集など、HTMLの基本的な知識があればできる仕事もあるので
自分のレベルに合わせて仕事をすることができます。

わたしもHP制作の基本程度しか知りませんが、クラウドソーシングを利用して
ホームページ制作の仕事をやったことがあります。

わたしがやった仕事はFlashや動的なものがない、
ショッピングサイトのカスタマイズや、MTやWordpressのテンプレートを使った
簡単なホームページ制作でした。

スキル的にそれほど高度な仕事ではなかったので報酬は
1〜3万程度でしたが、勉強とスキルアップのための仕事と考えれば
充分な報酬です。

クラウドソーシングでは企業だけでなく個人で仕事を依頼する人もいるので
Wordpressでホームページを作るなど、あまりスキルが必要ない仕事も
たまにあります。

クラウドソーシングの魅力は自分のスキルに合った仕事を選べることです。
実際に仕事をすると勉強だけでは学べない、実践で使える知識を学べます。
できそうだと思った仕事にはどんどん応募してみましょう。

ホームページ制作では技術も必要ですが、より仕事の幅を増やしたいなら
技術と合わせてデザインも重視すると仕事が取りやすくなります。

ホームページ制作と言っても、ソフトを使えばHPの形がほとんどできるので
後はそこに入れるバナーやアイコンなどの画像作成が必要になってきます。
イラストが描けたり、画像編集ソフトが使えると仕事の幅が広がりますし
当然ながら、デザインも含めた仕事の方が報酬が高いです。

HP制作では、HTML、javaスクリプト、CSSを基礎知識として
そこに加えて、PHPなどのプログラムや画像作成などのデザインができると
仕事を得るのに有利になります。

こうしてみるとわかると思いますが、HP制作では仕事が幅広くて
すべてを身につけるには、とてつもない労力が必要になります。

HP制作は日進月歩で新しい技術が次々に出ては消えていくので
向上心があり、常に新しい知識を取り入れられる人に向いています。